お電話でのお問い合わせはこちら

011-771-2200

お電話でのお問い合わせはこちら

011-771-2200 011-771-2299
  • 午前9:00~11:00
  • 午後14:00~16:00

多焦点眼内レンズについてabout lens

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズは遠くと近くが見える遠近両用眼内レンズです。
白内障によって濁った水晶体を摘出し、代わりに挿入する人工レンズとして「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があるのですが、単焦点眼内レンズは遠くか近くの1点にピントが合うレンズです。
そのため、ほとんどの場合に眼鏡が必要となり、例えば遠くに焦点があっている場合では近用の老眼鏡が必要となります。
多焦点眼内レンズでは遠方と近方の両方にピントが合うため、眼鏡に依存しない日常生活、または眼鏡の使用頻度を減らすことが可能となります。

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違い、比較

  • 単焦点眼内レンズ ピントが合う距離が1つ

    単焦点眼内レンズピントが合う距離が1つ

  • 多焦点眼内レンズ ピントが合う距離が複数

    多焦点眼内レンズピントが合う距離が複数

  単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
見える範囲 狭い(手元か遠くのどちらかのみピントが合う) 広い(手元から遠くまで見える)
見える質 良い(ピントが合う一点はとてもよい) おおむねよい(単焦点レンズに比べピントが少しあまい)
長所 ピントが合う距離のものをとても鮮明に見ることができる 眼鏡に頼らず遠方と近方が見れる
短所 遠方か近方の一方しか鮮明に見えない やや見え方が不鮮明に感じることがある

多焦点眼内レンズが向いている方

多焦点眼内レンズは白内障手術後にできるだけ眼鏡を使用したくない方に向いています。
単焦点眼内レンズが一箇所に焦点を合わせているのに対して、多焦点眼内レンズは二箇所以上に光を振り分けますので、見え方のシャープさが若干劣るといった欠点がございます。
ただ、多焦点眼内レンズは1か所の見え方の質にこだわるのではなく、見える範囲を広げるといった長所もございますので、それぞれのレンズの長所や短所をしっかりとご確認いただきご理解頂いた上で、自分の生活スタイルに合うと感じる方をお選び頂くことをおすすめ致します。
手術の前に患者さんのライフスタイルやご要望などをよくお聞きし、慎重に手術を行っております。これまで多くの方が多焦点眼内レンズの白内障手術を受けましたが、特に老眼鏡が不要になったと喜ばれ、大変好評です。

多焦点眼内レンズが向いている方

交通案内Access map

〒002-8010 札幌市北区太平10条1丁目2-1

お電話での
お問い合わせ

011-771-2200 011-771-2299
  • 午前9:00~11:00
  • 午後14:00~16:00

診療時間

 
祝日
【午前】 9:00~11:00
×
×
【午後】 14:00~16:00
×
×
×

○:診療可 手:手術により診察をお休みさせていただきます。 △:火曜日の午後は不定期で手術のため休診する場合がございます。 混み具合や往診などで受付を早く終了する場合がございます。時間に余裕を持って来院くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。